ベトナム人はほとんどの方がとても親切で良い方ですが、少しの悪い人がとんでもなく悪い人です。

ですが一部の悪い人がとんでもなく悪いです。
これを読んでトラブルのないように旅を続けていただければと思います。

ベトナムに来てよかった、ホーチミンに来てよかったと思ってもらえるよう、皆様がトラブルに合わないことを願います。

 

ぼったくり(スリ)タクシー

手口

ファングラーオ通り、戦争証跡博物館、ベンタイン市場周辺に多く停留しており、旅行者とみると「タクシー!」と声をかけてくる。すごいスピードで回るメーターを設置していたり、メーターをドル表示と言ったりして高額な請求してくる。
また支払い時に「それじゃない、財布を見せろ」と言い、お金をすり取ることも…。
空港では到着時に「タクシー?」と話しかけてくるのはすべてぼったくり詐欺タクシー。
絶対に乗らないでください。

対策

タクシーはVINASUN(ビナサン)タクシーとMAILINH(マイリン)タクシーに乗る。
タクシーに乗った際にはダッシュボード上の運転手の身分証とタクシーのナンバー(タクシーに貼ってある4~5ケタの数字)を写真に撮る。抑止力にもなり、もしもの時に警察に提供できる。
詐欺タクシーはボディに書いてある会社の電話番号がマグネットシートで張り付けてあるので、ボディにマグネットシートで数字が書いてあるタクシーには乗らない。
少しでも怪しいと思ったら、すぐに降り、メーターは無視して2~5万ドン程度を渡して逃げる。追いかけてくることはないので、全力で走って逃げる。しかし、お金を払わず降りると無賃乗車になり、逆に警察に通報されることにもなるので注意してください。
交渉してなんとかなることは絶対ありません。無視して全力で走って逃げましょう。

さらに詳しく悪徳タクシーについて下記のページに書いています。

悪徳タクシーに要注意

ベンタイン市場前に停まっていたぼったくりタクシー。
ボディに書いてある電話番号がすぐとれるようにマグネットシートになっています。

 

クツ磨き詐欺

手口

ドンコイ通りなどの観光客の多い街中で、突然靴を磨いてきて法外な値段を要求してくる。
いらないと言っても無視しても一方的に靴を磨き、靴の整備をして高額を請求する。

対策

絶対に靴をさわらせない。
大声で(日本語でよい)怒鳴り、蹴っ飛ばして追っ払う。走って逃げる。
絶対に黙って好きなようにさせないことが鉄則です。もしそれでもやられたら、お金がないから警察まで一緒にいこうと言いましょう(お金は絶対に渡してはいけません)。

歩いていても強引に靴を磨いてきます。信号待ちを狙ってくることも。
市場価格の100倍ほどの料金を請求してきます。

ぼったくりマッサージ

手口

ブイビエン通りでマッサージと声をかけてくる。
1時間5ドルと言ってくるが、マッサージが終ってから10ドルほどのチップを要求してくる。
また男性のみで行くとほぼ確実に高額なセクシャルマッサージを勧められる。

対策

ブイビエン通りのマッサージにはそもそも行かない。
どうしても行きたい場合はマッサージ代+50,000VNDしか持っていかない。
なお、ブイビエンのマッサージはほぼ素人です。

ブイビエンのガールズバーもぼったくりです。
どうしても行きたいときは値段の何事も値段の確認をしましょう。

 

ぼったくりバイクタクシー

手口

日本語(英語)で安くガイドするとしつこくしつこく話しかけてくる。
自分は親切なガイドだと言い、以前にガイドした人からのメッセージを見せてくる。
数年前に日本人が書いたメッセージを見せてきて信用させる。
「とても安い」と言ってくるが、後で法外なガイド料(数万円)を請求してくる。
または地図を見ていたりすると親切なふりをして、「そこなら知ってる。連れて行ってやる」と行って知っていても知らなくてもバイクに乗せる。
当然後から法外なバイタク料金(数千円~数万円)を請求する。

対策

日本語で話しかけてきた自称ガイドには絶対について行ってはいけない。
もし乗ってしまった場合はそんなお金はないと言い、妥当な金額(1時間150,000VND程度)で交渉する。
ぼったくりをしてくる悪人は百戦錬磨です。
「ひょっとしたらいい人かも?」なんてことは絶対にありません。

バイクタクシーはすべて交渉制です。外国人は必ず割高になります。
安全を考えるとタクシーに乗る方がいいですよ。

 

ひったくり

手口

歩道を歩いている人や道沿いに座っている人のカバンをバイクなどでひったくる。
建物側にカバンを持っていても、バイクで歩道を走ってひったくる。
道沿いでスマホを見ながら歩いていると、後ろからバイクで近づきひったくる。
深夜酔っている人を見つけて、手に持っているカバンやスマホを強引にひったくる。

対策

カバンは肩から掛けずに斜め掛けをする。
できるならカバンを持たない。お金と電話はポケットにいれておく。

要注意

外出時には不必要なお金やパスポートを持って出ないことが大切です。
あなたのカバンに入っている貴重品、それは今持って出る必要がありますか??

注意していても気付いた時にはひったくられています。
ひったくりに狙われないようにすることが大切です。

 

偽高級コーヒー

手口

ベンタイン市場やその周辺で偽物のコーヒーをさも本物、しかも高級そうに見せて売りつける。
中身はクズ豆とトウモロコシにコーヒーフレーバーなどを付けたもの。
最初はいい匂いがするが、すぐにフレーバーは無くなる。
そもそも良い豆は大手のコーヒー会社がすべて押さえているので、一般的な(特に外国人観光客に売るような)お店に安くて良いコーヒーなど存在するはずがない。

対策

美味しい本物のコーヒーはコーヒーチェーン店で購入すること。
コーヒーチェーンというと安いコーヒーを使っているような気がするが、ベトナムはコーヒーの本場です。
チェーン店化できるコーヒー店は、ブランドを持っているので信用できる。
Highlands Coffee(ハイランズコーヒー)、TRUNG NGUYEN COFFEE(チュングエンコーヒー)などは人気。
安くて美味しいのはHello5Coffeeがおすすめです。
ちなみにスターバックスもたくさんありますが、ベトナムコーヒーではありません。
また市場などで売っているジャコウネココーヒーは100%偽物です。

お土産屋さんで売っているコーヒーは買わない方が無難です。