ホーチミンの雨季は快適!?

ホーチミンは5月から10月まで雨季☔

雨季は涼しくて快適
ほとんどは1時間程度のスコールのみ
一日中雨が降ることはほぼない

ベトナム南部、ホーチミンは例年GWが終わる頃、5月の初めに雨季に入ります。
ホーチミンの雨は基本スコールです。一日雨が降り続けることはめったにありません。
1~2時間もあれば上がってしまうので、ベトナム人は傘を持っていないくらいなんですね。
雨が上がれば気温は2~3℃下がって、涼しくなってとても快適です♪
日本の雨期のイメージは梅雨で、半日や一日、なんなら数日雨が降ることもありますね。
でもここホーチミンはそんな雨が降るのは数年に一度、台風が来る時くらいです。

天気予報は全く当てにならない
雨季にホーチミンに滞在しても雨に当たる確率は約10%
そもそもベトナム人は天気予報を見ていない

ホーチミンに遊びに行こうと思って天気予報を見るとずっと雨!?
これじゃあ行っても仕方ないなぁって思っていませんか??
いえいえ、全然そんなことはありません!
先述しましたが、ホーチミンの雨は1~2時間降るスコールです。
そしてホーチミン市は東京都とほぼ同じ広さです。
天気予報は「今日、ホーチミン市(東京都サイズ)のどこかにスコールが降る」という予報です。
そりゃあ天気予報としては毎日「雨」になりますよね。。。
天気予報は雨が降る確率なので雨季の間は100%になりがちです。
ですが雨が降っているエリア、雨が降っている時間として考えれば雨に当たる率は10%以下になります。
つまりあなたが雨季にホーチミンに滞在して、あなたがいるところに雨が降るのは約10%ということです。
ベトナム人が天気予報を見ない理由がわかりますね。

 

突然降り始めるスコールも東南アジアを感じられる瞬間でもありますね。
スコールを見ながらコーヒーやビールを飲むのも乙なものです♪
雨季だからベトナムに行くのをやめようかなぁって思っている方!
めっちゃもったいない!
ベトナム南部、ホーチミンの雨季は旅するのに、滞在するのに実は快適だったりします(^-^)
ぜひ雨季のホーチミンも楽しんでください。

Follow me!